2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

心と体

2015年1月24日 (土)

C型肝炎治療 その8

昨年(2014年)の追跡検査結果です。
血液検査結果数値は 2014年3月→6月(健康診断)→9月の結果です。( )内は基準値です。
AST   17→22→18 (8-38)
ALT   20→20→18 (4-44)
γGTP  25→28→27 (16-73)
肝機能数値は 基準値内です。
HCVタックマンは ケンシュツセズが継続中。

アルコールの摂取に関しては、『飲んでもいいですよ』との答えは返ってこず。
主治医が OKは出さないのはわかっていますが・・・・・
柔らかく 『肝臓に堪えない程度には・・・・ いいような』 との感じでした。
まあ、飲む気はないので(^_-)-☆アサヒドライゼロで 楽しんいます。
で、安く手に入る販売店を探しまくっています。
最近の最安値は、580円(6缶 税抜き)です。
まだまだ安くなるかな(^^♪

次回の定期追跡検査は 2月末予定 これからも半年毎に検査が続く??のか(-_-;)
家計に対しては派遣となり苦しくなってきているので、そろそろ終わって欲しい!!ですが、
体の定期検査と思えば安いのか??
まあ、あと5年ぐらいは半年検査を と 思っています。

2013年12月30日 (月)

C型肝炎治療  その7     

C型肝炎 ペガシスの治療は2012年9月5日に終了 今年は治療後6か月検査 その後は半年検査になった。

血液検査の結果数値は、2012年12月10日、2013年3月13日、9月4日の順です。

WBC 91H→83→77 3月13日から標準値(50~85)に入る。

PLT 15.2→15.8→16.0 標準値(13~32)

AST 24→19→15    標準値(8~38)

ALT 22→19→14    標準値(4~44)

γ-GTP 44→29→26  標準値(16~73)

3月、9月の検査では、すべて標準値内にはいる。

HCVタックマンは ケンシュツセズが継続中です。

完全にC型肝炎ウイルスは無くなったようです・・・・・でも、検査は半年ごとに継続。

次回は2014年3月に腹部エコー検査と血液検査があります。

アルコールは全く取らず。。。。。と、いうよりも呑む気が全く無くなっています。

ノンアルコールビールは飲んでいますがネ。安いですから(^_-)-☆

アサヒドライゼロ 350mLが¥100ですから・・・・・(^^♪

検査は死ぬまで続くのかな。次回 主治医に聞いてみなければ!!

2012年5月 2日 (水)

C型肝炎治療 その1  2012年5月2日

昔からアルコール類は好きで、肝機能数値は高かった。

アルコール性肝炎がず~~~と続いていた。

C型肝炎ウィルスキャリアと判ったのは平成の初めだったか・・・・・

人間ドックで精密検査が必要!!!と 言うことで病院に定期的に検査へ

アルコールを止めると肝機能数値は改善されるため、インターフェロン治療は知っていたが、

費用、副作用のことで治療をしよう。。。と いう気にはならなかった。

インターフェロンの改善で副作用も少なくなり、効果も1週間続くベクインターフェロンが出て、

インターフェロン助成もあり 3月より治療を6ヶ月間の予定でスタートした。

遺伝子型は1bでウィルス量は5以下 治療はペガシス単独。

初期の副作用はまったくなし。

医者からは、発熱時用に解熱剤を処方してもらったがまった発熱がないので。。。。いまだに、使わず。

しかし血小板(PLT)の低下、白血球(WBC)の低下は生じた。

治療1回目からの数値の動き 

PLT 14.6→11.9→9.4→8.9→9.1→9.3→9.0

WBC  62→ 47→ 38→ 35→ 38→ 39→37

PLT、WBC共に治療3回目(4回目注射前の検査結果)で最小値となり 以後安定してきた。

肝機能数値は。。。アップ状態 医者からは まれにあるとか・・・・(ーー;)

ウィルス検査の結果をみて 治療方法を検討しなきゃあ。。。と。

今日 2週間目に採血したウィルス検査の結果が出てきた。

HCVタックマン・・・・ケンシュツセズ ・・・・・・良かった良かった(*^^)v

で、ペガシス単独治療であと4ヶ月半継続することに。