2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

台高山脈

2017年6月21日 (水)

ベニバナヤマシャクヤク咲く学能堂山  2017年6月10日・18日

今年も学能堂山へベニバナヤマシャクヤクを見に行ってきました。
6月10日は下見を兼ねてソロで 18日は山の会の例会として(#^^#)
ベニバナヤマシャクヤクの状態は 10日は咲始めで 18日は咲いている花は少々
で 中間ぐらいが一番花の数が多かったようです。
10日の状態
 S20170610_076_gakunodou S20170610_084_gakunodou
18日の状態
 S20170618_033_gakunodou04 S20170618_040_gakunodou04


山頂からの眺めです。360度の展望が得られます。10日撮影
 S20170610_092_gakunodoupano
 S20170610_067_gakunodou 高見山がよく見えました。
 S20170610_060_gakunodou 局ヶ岳も(#^^#)
山頂の姿 S20170610_055_gakunodou S20170610_056_gakunodou


ルートは二日とも同じで 丸山公園→岳の洞分岐→林道→杉平峠→学能堂山→コスマ峠
→神末上村→御杖神社→伊勢本街道・敷津七ふしぎ→丸山公園 でした。
足跡&アップダウン
 20170610
 20170610g
来年もベニバナヤマシャクヤクを見に行きたいものです。
ヤマップにアップしていますので、こちらも見てください。

6月10日分  6月18日分


2017年6月 9日 (金)

三峰山&平倉峰へ    2017年6月4日

シロヤシオは今年 どうかな?? で 三峰山から平倉峰を歩く。
4年周期で 多くの花が咲くが 今年は前回の当年から3年目 やはり裏年で咲いている花は少なかった(-_-;)
 S20170604_030_miune_hirakura S20170604_045_miune_hirakura S20170604_093_miune_hirakura_2
コースは旅行村駐車場から登尾コースで三峰山へ 山頂から平倉峰往復 八丁平からゆりわれ往復 登尾を展望小屋まで下り 不動滝入口を通り駐車場に戻る。

お天気は良く 見晴らしはほぼ満点(^_-)-☆だった
展望小屋からの眺め 青山高原の風力発電所の風車が見えます。
 S20170604_012_miune_hirakura S20170604_013_miune_hirakura
三峰山山頂から
 S20170604_039_miune_hirakura
平倉峰から 三峰山頂より北側の眺めはいい(^^♪
 S20170604_049_miune_hirakura S20170604_050_miune_hirakura 
八丁平から
 S20170604_083_miune_hirakura S20170604_084_miune_hirakura
          S20170604_085_miune_hirakura S20170604_086_miune_hirakura
八丁平はこんなのです
 S20170604_061_miune_hirakura S20170604_064_miune_hirakura
八丁平から三峰山 
 S20170604_062_miune_hirakura

ゆりわれです ホソバノハハココが斜面を埋め尽くしています

 S20170604_072_miune_hirakura S20170604_073_miune_hirakura

三畝峠は向かう途中 音羽三山 金剛葛城二上山が見える
 S20170604_096_miune_hirakura S20170604_091_miune_hirakura
もちろん 関西のマッターホルン 高見山も
 S20170604_097_miune_hirakura
青空に恵まれ 気温もちょっと肌寒く感じる状態で山歩きには最適でした。
足跡&アップダウン
 20170604
 20170604g

2017年2月18日 (土)

混雑の高見山    2017年2月12日

炉端山友会の例会で高見山に行く。
お天気は(-_-;) でも 霧氷はよく育っていました。
それに 奈良交通の樹氷号での登山客も多く 山頂あたりは人&人でした。
足跡&アップダウン
 20170212a 20170212b
スタート地点 たかすみ温泉は雪の中
 S20170212_001_takamiyama
杉谷・平野分岐からは寒々
 S20170212_008_takamiyama
 S20170212_013_takamiyama
山頂あたり 雪が霧氷の上に積もり巨大なエビの尻尾に
 S20170212_023_takamiyama  
山頂から大峠へ 途中のベンチで昼食 でも風が吹くと寒い
 S20170212_032_takamiyama S20170212_033_takamiyama
大峠から小峠まで旧伊勢南街道を歩く
寒々・・・・ S20170212_037_takamiyama
針のような霧氷も S20170212_038_takamiyama
ぶら下げていたペットボトル 口あたりが凍っていました(^_-)-☆
 S20170212_041_takamiyama
小峠から登り返し 分岐へ 登ってきた道を戻る
高見杉が見えるとほっと(#^^#)
    S20170212_045_takamiyama
たかすみ温泉手前 川が綺麗だったので 1枚 S20170212_048_takamiyama
無事下山完了 
青空があれば最高だったのですが。。。。残念(^_-)-☆
また 機会を見つけて登ろう~~~~~と

2017年2月 4日 (土)

三峰山&平倉峰    2017年1月29日

毎年恒例になった三峰山行き
霧氷は無かったですが、それなりに楽しんできました。
足跡&高低
 20170129a
 20170129b
登尾での雪景色
    S20170129_009_miuneyama
三峰山山頂 眺めは・・・・最高ではなかったです。
    S20170129_022_miuneyama S20170129_023_miuneyama
平倉峰には山名板が掲げられていました。
    S20170129_029_miuneyama
平倉峰からの眺めは 三峰山山頂からよりも好きです(^^♪
    S20170129_031_miuneyama
平倉峰から三峰山への帰り道 木間から三峰山が見えます。冬限定の景色です。
    S20170129_032_miuneyama S20170129_033_miuneyama
八丁平からの眺め
    S20170129_035_miuneyama
高見山ビューポイントからの高見山 いいですね(^^♪
    S20170129_036_miuneyama
次回は真っ白い三峰山を歩きたいものです(#^^#)


2017年1月11日 (水)

高見山へ      2017年1月9日

奈良交通の霧氷号で高見山に向かう(#^^#)
霧氷はあるか????期待をして
足跡&アップダウン
 20170109a
 20170109b
杉谷登山口からは伊勢南街道を歩く。
石仏がありお正月のお供え?か 鯛が空を泳ぎ、鎌がぶら下がり(^◇^)
 S20170109_006
 S20170109_007
小峠に近づくとガスの中に(-_-;)
 S20170109_015
伊勢南街道を小峠から大峠に向かう。
 S20170109_018 大峠 高見峠
大峠から山頂を目指す。霧氷は昨日からの雨で落ちている 残念
でも 少しは残っていました。
 S20170109_020
 S20170109_021
 S20170109_022
山頂の高角神社
 S20170109_024
山頂は強風 霧氷は吹きとばされていました(^_-)-☆
 S20170109_025
平野 杉谷分岐あたりはもう 雪はほとんど無し
 S20170109_028
分岐をあとにたかすみ温泉に向かった。
次回の高見山でエビの尻尾を期待したものです。 

 

2016年12月29日 (木)

霧氷の高見山   2016年12月25日

高見山 北西斜面は霧氷でおおわれていました。
積雪はありませんでしたが、落ちた霧氷で滑りやすくなっていました。
 20161225takamiyama085
 20161225takamiyama098
 20161225takamiyama099
 20161225takamiyama102

眺めも最高(#^^#)でした。
 S20161225_takami
 20161225takamiyama087 金剛山 大和葛城山が遠くに見る

帰り道からの高見山

 20161225takamiyama138 山頂あたりだけ真っ白

足跡(青線)&アップダウン
 20161225a
 20161225b
青空の高見山 最高でした(^^♪

 

2016年11月19日 (土)

明神平前山から薊岳へ     2016年11月13日

山の会のメンバーと大又駐車場から明神平への登山道を歩き 途中から前山へ直登
前山から薊岳 大鏡山を経由し旧道をキビ平に下りる。
足跡&アップダウン
   20161113a
   20161113b
スタート地点 大又駐車場 
   S20161113_001_2
途中の1334P直登ルートの入口 階段が整備されている 
   S20161113_002_2
数回の渡渉し 登るにつれて秋色いっぱい
   S20161113_009_2
   S20161113_016_2
   
途中から尾根を前山に向かう 途中 見晴らしのいい岩場がある。
そこからの眺めです。
  S20161113_020
登ると 北側の展望が開け 明神平のあしび山荘 水無山がよく見える。
  S20161113_029
前山手前 天理大学の山小屋 右手 後に三峰山が見える。
  S20161113_032
薊岳へ尾根をアップダウン
  S20161113_040
  S20161113_050
薊岳山頂からの眺め 大峰方面 大普賢 弥山が見えます。
  S20161113_065  
北側 高見山が見える。
  S20161113_078  
音羽三山 音羽山が経ヶ塚山の隠れて二山になっている。  
  S20161113_081
下り開始 また大峰方面が見える
  S20161113_088
細尾根&岩場
  S20161113_090
下って行きます
  S20161113_097
大鏡山山頂 三角点がある
  S20161113_102
笹野神社 旧道(キビ平)分岐手前の四等三角点
  S20161113_109_2
旧道には古い案内板があります
  S20161113_111
尾根道をキビ平に向かう
  S20161113_113
キビ平登山口から駐車場に向かう。紅葉が・・・・・
  S20161113_118
デポした2台で大又駐車場に向かい やはた温泉の駐車場で解散。
青空いっぱいの山歩きでした(^^♪

2016年10月29日 (土)

三峰山 北尾根から   2016年10月23日

山の会のメンバー18人で御杖青少年旅行村から神末上村からコスマ峠 仏来山 北尾根三峰 二峰 一峰を通り 三峰山 山頂にたつ。下山は八丁平から登尾ルートを下り 休憩場&トイレから不動滝経由で旅行村に戻る。
足跡(青線です)&アップダウン
 20161023a
 20161023b
スタート地点 青少年旅行村 ゲート前
 Ass20161023_001
コスマ峠 学能堂山と反対方向に進む
  Ass20161023_006  Ass20161023_007
コスマ峠からコスマ山へ そして下ると左手に局が岳 栗ノ木岳の綺麗な山容が見える。
中央 遠くの山が局が岳 右手の三角が栗ノ木岳です
 Ass20161023_011
北尾根一峰のプレート 
 Ass20161023_022
少し下ってから山頂までは急登が続く
 Ass20161023_023  Ass20161023_024
ふと見ると・・・綺麗なキノコ 美味しそ~~~ でも 食べられるのかな?
 Ass20161023_025
三峰山山頂  Ass20161023_028  Ass20161023_029
八丁平に向かいます Ass20161023_030
八丁平からの眺め
 S20161023_032_pano
シロヤシオ 紅葉しているのも
 Ass20161023_037
遠くにうっすらと音羽三山が見える 肉眼では見えるのですが・・写真では(^_-)-☆
 Ass20161023_038
三畝峠から避難小屋 石仏を過ぎると 見晴らしのいい場所がある。
旅行村のゲート 駐車場が眼下に Ass20161023_043_2
神末の集落 曽爾高原 俱留尊山 Ass20161023_045
遠くに青山高原の風力発電所の風車が Ass20161023_046
秋色 せんぶり ススキ
  Ass20161023_050  Ass20161023_051
山の秋色は・・・ちょっと薄めでした(^_-)-☆
 Ass20161023_054
休憩場から林道を不動滝入口に 希望者だけ滝見に
戻ってきてから 駐車地点に戻る。
雨に遭うことは無かったが尾根道は風が少し強く 寒さを感じる山歩きでした。

2016年10月15日 (土)

青空の三津河落山&筏場道     2016年10月10日

山仲間と三津河落山から筏場道を歩いてきました。
大台ヶ原 三津河落山からは大峰 台高の山並み そして熊野灘も見え 最高でした(^^♪
大和岳からの大峰の眺め 右から山上ヶ岳 大普賢岳 行者還岳 弥山 八経ヶ岳 仏生ヶ岳 釈迦ヶ岳 大日岳が見えます。
 S20161010_073_sanzukokouchiyam
三津河落山からの眺め 北方面
S20161010_030_sanzukokouchiyam S20161010_031_sanzukokouchiyam_2
   S20161010_032_sanzukokouchiyam_2 S20161010_033_sanzukokouchiyam_2
熊野灘 望遠で撮影 S20161010_038_sanzukokouchiyam
日本鼻から大和岳への道 気持ちいいです(^^♪
    S20161010_059_sanzukokouchiyam
コブシ峠へ S20161010_099_sanzukokouchiyam
尾根道。。。下るの。。 S20161010_105_sanzukokouchiyam S20161010_111_sanzukokouchiyam
コブシ峠 S20161010_115_sanzukokouchiyam
大台辻 S20161010_125_sanzukokouchiyam
筏場道 石積が残っています。 S20161010_130_sanzukokouchiyam  
金明水 S20161010_135_sanzukokouchiyam S20161010_136_sanzukokouchiyam
崩落個所 S20161010_139_sanzukokouchiyam  S20161010_142_sanzukokouchiyam
安心橋 S20161010_147_sanzukokouchiyam
鎖場も・・・足元が危ないので設置されています。 S20161010_156_sanzukokouchiyam
崩落個所は数か所ありました。足元に注意注意です。
足跡(青線)&アップダウン
 20161010a
 20161010b
次回は添谷山へ行かねば(^_-)-☆

三津河落山周辺は『植生保護のため立入禁止』になっていますが、踏み跡をたどれば問題はないようです。

筏場道は『通行止』になっています。自己責任で歩くことになります。崩落個所が数か所あり一つ間違えば。。。谷まで滑落の危険がありますよ。

2016年9月17日 (土)

三峰山北尾根      2016年9月10日

みつえ青少年旅行村から上村 コスマ峠から北尾根を三峰山まで登る。
足跡&アップダウン 青線です。
 20160910a
 20160910b
上村からの林道 獣除けのゲートがある。 20160910miune_kitaone004
倒木が続く登山路 20160910miune_kitaone012
コスマ峠 20160910miune_kitaone017
コスマ山 20160910miune_kitaone020
コスマ山から下りた鞍部からは 局が岳 栗ノ木山が綺麗に見える。
 20160910miune_kitaone022
仏来山 20160910miune_kitaone026 20160910miune_kitaone027
苔 トリカブト 20160910miune_kitaone028 20160910miune_kitaone024
急な下り 尾根道だから仕方ないか・・・・(^_-)-☆直下降です。
 20160910miune_kitaone029
尾根の登り 20160910miune_kitaone031
木間から曽爾高原が 20160910miune_kitaone032
北尾根二峰から登尾コースの休憩場便所が見える 
  20160910miune_kitaone039  20160910miune_kitaone040
北尾根一峰 20160910miune_kitaone045
山頂への登り 20160910miune_kitaone049 20160910miune_kitaone050
三峰山山頂 20160910miune_kitaone054
山頂からの眺め 20160910miune_kitaone053
八丁平から
 20160910miune_kitaone05620160910miune_kitaone057
三畝峠へ向かう 音羽三山 遠くに二上山がうっすらと
 20160910miune_kitaone059
高見山ビューポイントからの高見山
 20160910miune_kitaone062
三畝峠から下山 登尾コース途中の見晴らし場所 駐車場も見えます。私の車も見えます。
 20160910miune_kitaone067_2 20160910miune_kitaone073
ヤマジノホトトギス 20160910miune_kitaone079
休憩場からは登尾コースを外れ林道を歩く。
約7時間半の山歩き 登尾コースであれば約2時間半で登れる三峰山 北尾根だと倍の5時間かかりました。
静かな尾根道 途中で鹿に出会いましたよ(^^♪
でも 急な登り降りが続く尾根道です。


より以前の記事一覧