2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

金剛山でヤマトグサに出逢う     2017年5月26日

クリンソウがそろそろ見頃 では と金剛山へ向かう。
期待通りでした。
 S20170526_054_konngou522 S20170526_048_konngou522
クリンソウ 九輪になった状態で咲いているのを見たいものですね

ヤマブキソウも一面に S20170526_058_konngou522


下りはダイトレ と 決めて下りる途中 数年ぶりに ヤマトグサに出逢う
風で 白いものが揺れている・・・それが ヤマトグサでした。
 S20170526_079_konngou522 S20170526_083_konngou522
小さな草で 足元にあれば 見落としてしまいます。
 Sa20170526_091_konngou522 来年も期待しておこ~~~~と

こんなのも マムシグサです

      S20170526_013_konngou522

足跡&アップダウン
 20170526a
 20170526g
ダイトレも町石を数えながら歩くのも いいものです(#^^#)


2017年5月25日 (木)

鳥見山から戒場山 五山五三角点&吐山スズラン群落  2017年5月21日

鳥見山公園から鳥見山 貝ヶ平山 香酔山 額井岳 戒場山の五山と五つの三角点プラス吐山スズラン群落をまわる。
足跡 GARMINさんとヤマップさんを重ねています。
 20170521a
アップダウン GARMINさんとヤマップさん
 20170521g GARMINさん
 20170521y ヤマップさん
 

スタート地点 鳥見山見晴台からは 額井岳から伊那佐山 音羽三山が見えます。
 S20170521_011 S20170521_012_2 S20170521_013
 S20170521_014 S20170521_015
鳥見山山頂 四等三角点 点名 鳥見山
 S20170521_024
貝ヶ平山山頂 二等三角点 点名 吐山
 S20170521_049
香酔山山頂
 S20170521_074
香酔山の三角点は東に下った関電の鉄塔のそばにあります。
四等三角点 点名 香酔
 S20170521_088 S20170521_087
吐山スズラン群落 ほんの少し咲いていました
 S20170521_101  S20170521_102
      S20170521_104  S20170521_106
駐車場ありません こんな表示がありましたので S20170521_100
額井岳に向かう 最初に松茸山の表示 S20170521_114
額井山山頂 四等三角点 点名 額井岳 三角点は祠の裏にあります。
 S20170521_138 S20170521_136
戒場山へ向かう途中 目玉おやじ・・・ではなく ギンリョウソウに出逢う
 S20170521_155
戒場山山頂 三等三角点 点名 戒場
 S20170521_164 S20170521_165 S20170521_166
五山 五三角点を終了し 戎長寺に下る。
 S20170521_179 S20170521_178
ここから 東海自然歩道をテクテク 鳥見山公園に向かう(^_-)-☆ 
自然歩道から額井岳 S20170521_188
自然歩道からは戒場山 S20170521_193
十八(いそは)神社前からの眺め S20170521_198
玉立橋からの額井岳 S20170521_203

同じく 香酔山 三角点は右の鉄塔の下にある S20170521_202
緩い登りが続き 鳥見山見晴台にもどり 本日の山歩きを終了する。

2017年5月20日 (土)

大峰 七面山へ    2017年5月14日

今年の登る予定の山 七面山に山の会のメンバーと登ってきました。
『奈良県の山』では体力度 危険度とも ☆3つの山 登った感じでは☆2つ半かな。
それ以上に 篠原から登山スタート地点までの林道 落石 倒木で登山よりも神経をすり減らした。。。と いう感じです。
一番よかったのは アケボノ平から正面に七面山 後方に天女の舞 頂仙岳 明星ヶ岳 奥駈の仏生ヶ岳 孔雀岳 釈迦ヶ岳の眺めでした。
 Ss20170514_124_pano
釈迦ヶ岳のお釈迦様も見えました(#^^#) 20170514

足跡&アップダウン 足跡は一部乱れています
 20170514a
 7201705014g GAMINさん
 7201705014y ヤマップさん
スタート地点 まずは渡渉からです
 S20170514_001
渡ったところにある 警告板 案内板
 S20170514_005 S20170514_008
林道 崩落個所
 S20170514_013
ヤマシャクヤク ツチグリに出逢う (#^^#)
 S20170514_022 S20170514_026
登山口に到着 
 S20170514_028 S20170514_030
急坂が続く
 S20170514_036 S20170514_038
植樹帯を抜けると 明るくなり 七面尾分岐に到着する
 S20170514_039 S20170514_044
アケボノツツジ?が綺麗に
 S20170514_045
槍の尾の頭とアケボノ平が見える
 S20170514_050 S20170514_051
西峰への登りが始まる
 S20170514_053 S20170514_054
イナバウアー?の木に出逢う(^^♪帰路で見ると マンモス(^_-)-☆でした。
 S20170514_056 S20170514_057
だんだん 足元は厳しくなって行きます
 S20170514_063_2
バイカオウレンが群生を作っていました 
 S20170514_072 S20170514_075
でた~~木の根の浮根ルート S20170514_077
ササが多くなり 西峰が近づいてきた
 S20170514_085 S20170514_086
七面山西峰に到着 S20170514_090
ザックを置いて東峰へピストン
 S20170514_091 S20170514_092_2  S20170514_093
案内板 S20170514_096  
東峰山頂 眺望はありません S20170514_098
西峰への帰り 槍の尾の頭 アケボノ平が見える
 S20170514_099
無事 西峰へ・・・・のはずが 崖の方へ・・・危ない危ない ちょっと道迷い(^_-)-☆
西峰に戻り アケボノ平へ向かう
 S20170514_107 S20170514_108
アケボノ平からの眺め 登ってきた七面山東峰 仏生ヶ岳 釈迦ヶ岳
 S20170514_111 S20170514_112
槍の尾の頭までピストン 三角点があります。
 S20170514_117 S20170514_116
アケボノ平へ戻る 明星ヶ岳が目の前にデンと 八経ヶ岳は明星の後方にあるので・・・
 S20170514_123
天女の舞 頂仙岳もよく見える
 S20170514_124
西峰に登り返し 下山スタート
 S20170514_142 S20170514_150
やっぱりマンモス??
 S20170514_156
林道のヤマシャクヤクは開いていました(^_-)-☆
 S20170514_166
無事 スタート地点に戻る(#^^#) S20170514_173
熊に遭わなくてよかったよかった(^_-)-☆
帰路 高野辻の展望台に寄り 奥駈道を眺める
 S20170514_183  S20170514_177
              S20170514_174
ついに念願達成 今度は釈迦ヶ岳から七面山を眺めに行きたいものです。

2017年5月13日 (土)

大和葛城山へ 九品寺から  2017年5月7日

九品寺から葛城山へ登る。
ルートは北山道 荒れていました。
葛城山のツツジは つぼみ膨らむ・・・で、今日 明日ぐらいが見頃か??な
山頂北側のカタクリはまだ残っていました。
自然研究路では、ギフチョウに遭遇 初めてのギフチョウ 良かったです。
足跡&アップダウン
 20170507a
 72017050b
荒れた北山道
 S20170507_009 S20170507_011 S20170507_017
ツツジの状態 5月7日
 S20170507_054 S20170507_045
カタクリ
 S20170507_071 S20170507_073
ギフチョウに遭遇
 S20170507_084
今日は低気圧が通過 ツツジは?・・どうかな
雨で黄砂が洗い流されて綺麗になっているかも

昨年の葛城山ツツジです

 20160508_0029 2016年5月8日撮影

2017年5月 7日 (日)

イカリソウを見に 伏見道で金剛山   2017年5月5日

このシーズンは花いっぱいの金剛山
イカリソウが見たくて 御所伏見 菩提寺から伏見道で山頂を目指す。
伏見道でのイカリソウ
 S20170505_031 S20170505_044_2 S20170505_051
まるで 宇宙から飛来したUF0のようだ・・・・・

千早園地も花いっぱい
 S20170505_094 S20170505_105 S20170505_109
        S20170505_111 S20170505_116

山頂広場の金剛桜 咲き始めです。
                S20170505_140


カトラ谷付近は・・・・・・ニリンソウの写真はありませんが(^_-)-☆
 S20170505_146  S20170505_157 S20170505_159
カタクリ群生にも寄りました まだ 残っていました(^^♪

          S20170505_168 S20170505_170

大和葛城山のツツジ 色づきはじめたのかな??
                S20170505_166


帰路のマツバカケ尾では・・・また、イカリソウに遭遇 郵便道から移住したのか??
                S20170505_173
今月中 花を楽しめる金剛山でした。

足跡 20170505a_2
アップダウン 20170505b

      山歩きはいいものですね(#^^#)

2017年5月 4日 (木)

ちはやあかさか道の駅から金剛山へ 2017年5月3日

数年前から恒例になった5月3日は自分自身の体力 脚力測定日 
ちはやあかさか道の駅から金剛山への往復 今年も実施しました。

足跡です  GARMINとヤマップを重ねています。
 20170503a
アップダウン ヤマップ とGARMINです 距離が。。。。測定間隔の違いか(^_-)-☆
 20170503b 20170503c
スタート地点の道の駅  S20170503_001_kongousan
登りは坊領ルートで進む 上赤坂城跡 登り口  S20170503_006_kongousan
上赤坂城跡の案内板   S20170503_008_kongousan
上赤坂城址からの眺め 城が有ったころは眺めがよかったのでは
 S20170503_015_kongousan S20170503_016_kongousan_2
猫路山城跡  S20170503_023_kongousan
坊領山城跡  S20170503_032_kongousan
坊領ルートを進んできたが、セトへは向かわず 清井山へ進む。
清井山山頂 S20170503_043_kongousan
カトラ谷入口 林道 長谷足谷線の標識まで下り カトラ谷を登る。
カトラ谷 トラバース地点では木が根元から折れており 通りにくくなっていた。
 S20170503_049_kongousan
通り過ぎた地点から撮影
 S20170503_053_kongousan
水場を過ぎ お花畑へ
フデリンドウの数が増えているようだ S20170503_062_kongousan
ニリンソウのお花畑 S20170503_065_kongousan
山頂 国見城跡では錬成会のさくらまつり開催中 お弁当を頂くが・・・今回のは。。。。
金剛桜は つぼみが膨らみ始めていた S20170503_077_kongousan
帰路は水分道を歩く 
道端のカタクリ S20170503_078_kongousan
坊領ルート分岐点 S20170503_083_kongousan

水分道の町石 S20170503_084_kongousan
同じく町石 炉端の会で立て直したもの S20170503_092_kongousan
水分の語源? 水わけ
 S20170503_101_kongousan S20170503_100_kongousan
コース全体は標識が増えているが、迷う可能性がある箇所もある。
金剛山頂へのロングコース 今年も無事 歩き通せた。
同行してくださった R会のヨッピーさん どうもありがとうございました。

2017年5月 1日 (月)

旗尾岳から府庁山 鳥地獄そして田山  2017年4月30日

炉端山友会の例会で千早口から旗尾岳 府庁山 鳥地獄へ 帰路は府庁山から田山 クヌギ峠 賽の神から千早口へ歩く。

低山と思っていたが距離 累計標高差は 大峰、台高の山歩きに匹敵するものだった。

足跡&アップダウン(GARMINとヤマップのGPSデータ)ちょっと誤差があるが・・・仕方ないかな

 20170430a 

 20170430b 20170430c

高野山女人堂への七里の里程石

 S20170430_002_torijigoku S20170430_004_torijigoku

旗尾岳 S20170430_014_torijigoku

岩湧山方面の眺め S20170430_020_torijigoku

府庁山 S20170430_023_torijigoku

金剛葛城方面の眺め S20170430_028_torijigoku

十字峠 S20170430_029_torijigoku S20170430_030_torijigoku

鳥地獄への道案内 S20170430_033_torijigoku

鳥地獄入口の道案内 S20170430_039_torijigoku

鳥地獄

 S20170430_040_torijigoku S20170430_041_torijigoku

帰路の気持ちのいい尾根道 S20170430_054_torijigoku

大阪方面の眺め

 S20170430_061_torijigoku S20170430_062_torijigoku

大和葛城山 遠景 S20170430_065_torijigoku

田山 三角点

 S20170430_067_torijigoku S20170430_068_torijigoku

クヌギ峠への急降下 S20170430_069_torijigoku

クヌギ峠 S20170430_072_torijigoku

賽の神へ道 きもちいい道 S20170430_077_torijigoku

賽の神

 S20170430_078_torijigoku S20170430_083_torijigoku

千早口駅で解散 解散後 旧高野街道をちょっと案内してもらう。

御所の辻

 S20170430_090_torijigoku_2 S20170430_091_torijigoku

       S20170430_093_torijigoku

街道沿いの民家 S20170430_096_torijigoku

無事 駐車した場所にもどり 帰路に着く。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »