2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

金剛山系 2014

2014年12月30日 (火)

金剛山 千早本道&念仏坂   2014年12月30日

2014年の登り納め 金剛山の一般コースを歩く。
山頂には霧氷が残っていました。
 S20141230_0018  S20141230_0023  S20141230_0024
南海で紹介されている金剛山のコース 金剛登山口から千早本道を山頂へ向かう。 
ルート上には石仏がたくさんある。菩薩 地蔵・・・様 それにウルトラマン&バルタン星人も
 S20141230_0002  S20141230_0004  S20141230_0007
丸太階段が続く 約2800段あるとか?
 S20141230_0003  S20141230_0006  S20141230_0009
九合目近くなると残雪があらわれる。
 S20141230_0011
山頂広場に着く。霧氷が残っていた。
 S20141230_0013  S20141230_0014  S20141230_0016
捺印所前のかまくら S20141230_0020
気温は  S20141230_0021
転法輪寺から裏道を小鳥の餌場に向かう。
ヤマガラ カケスが餌を求めてきている。
  S20141230_0025  S20141230_0026  S20141230_0034
千早園地に向かい 展望台に登る。
 S20141230_0038
展望台からの眺めです。 
 S20141230_0040  S20141230_0041
千早園地で一休みして伏見峠からロープウェイバス停に下山する。
シルバーコースの入口には滝がある。
 S20141230_0043
寺谷ルート入口手前 今年山抜けしたところで治山工事が行われている。
 S20141230_0044
文殊尾根ルート入口手前には 大阪府指定天然記念物の『千早のトチノキ』がある。
 S20141230_0046  S20141230_0045
残雪はほとんどなかったが、転法輪寺本堂あたりは、踏み固められ滑りやすい状態でした。
足跡です。 20141230_kongou
距離は 約7.4km 所要時間は約3時間30分でした。

2014年12月29日 (月)

金剛山 石ブテ尾根道&関屋道(名柄道)  2014年12月28日

関屋道 朝原寺跡 大田和地蔵(22番経塚)を歩いていないので、年内にと思い歩きに行く。
葛城登山口のバス停からまずは石筆橋を渡り 流れた鉄板橋跡を少し進んだ所から、石ブテ尾根を目指す。
急坂の登りです。 S20141228227_0008
左岸からのルートとの分岐点 S20141228227_0015  に着く。
途中 左手に葛城山が見える。  S20141228227_0019
六道の辻あたりから残雪がある。 S20141228227_0023
大日岳を通り山頂広場へ S20141228227_0026
捺印所前のかまくら なかなか成長していません(-_-;)
     S20141228227_0027
気温は S20141228227_0028  でした。
転法輪寺は S20141228227_0029
葛城神社に向かう S20141228227_0030  S20141228227_0031
葛城神社です 正月準備進んでいます。
   S20141228227_0032  S20141228227_0034
ダイトレを関屋道分岐に向かう。関屋道の町石がある。
  S20141228227_0037  S20141228227_0039  S20141228227_0043
           S20141228227_0047   S20141228227_0049
関屋道分岐 ダイトレをはなれ 右に入る。22番経塚への案内板がある
     S20141228227_0052  S20141228227_0053  
少し下ると 関屋道大石(日の石)が見える。
     S20141228227_0056  S20141228227_0057
歩いている人はほとんどいないようで 踏み跡はうっすら(^_-)-☆
ルートは不明瞭 テープを頼りに下る。
二十五町石が見え ほっとする。
     S20141228227_0059  S20141228227_0060
朝原寺跡に着く。
   S20141228227_0062  S20141228227_0064
朝原寺域の道標 
   S20141228227_0066  S20141228227_0068
遺物もある。
   S20141228227_0067  S20141228227_0069_2
御所市設置の道標(あ-7)がある。
   S20141228227_0070  
下ると あ-8と案内板がある。なぜ 下っているのに番号が増えるのか??
 S20141228227_0071  S20141228227_0072  S20141228227_0073
大田和地蔵 22番経塚へ不明瞭なルートをテープ頼りに下る。
途中に十七町石があるのだが・・・見つからず(-_-;)
 S20141228227_0074
経塚に到着 一安心(^.^)/~~~
 S20141228227_0075
R309は向かう 途中 道標は多い(^^♪
 S20141228227_0079  S20141228227_0080  S20141228227_0082
R309が見えてくる。  S20141228227_0084
帰り道・・・・どうしようか??水越峠バス停にむかうか?一町石が名柄に有るので・・・
で 一町石を見るために名柄へ向かう。
R309の橋の上からは音羽三山がよく見える。
  S20141228227_0086
関屋の集落から名柄の集落へ旧道を歩く。
山麓線手前に一 二 三 六町石がまとめて立っている。
  S20141228227_0088  S20141228227_0089
町石を後に 近鉄御所駅を目指す。振り向くと金剛山が見える。
  S20141228227_0092
足跡&アップダウン(一部?な箇所もあります)
 S20141228_kongou_isibute_asaharaji
 20141228
距離は約17.2km 所要時間は約7時間30分でした。
丸滝入口から石ブテ尾根への道は 急坂で登りは可能ですが、下りは・・・危険と思われます。
関屋道は、テープ 案内板がありますが、急坂の下りが処々にありルートは非常に不明瞭です。
下るよりも登る方がl楽かも(^_-)-☆
いつかは関屋道を登りたいものです。 

2014年12月24日 (水)

金剛山 水越川駐車場から     2014年12月23日

水越川駐車場を12時にスタート 太尾東尾根ルートを山頂へ 
帰路は太尾塞跡からガンドガコバルートを歩く。
雪はうっすらと 踏み固められツルツル滑る。大日岳からアイゼンを着ける。
霧氷もあったようで・・・・・
 S20141223_0016  S20141223_0017
大日岳では青空&霧氷の残り
 S20141223_0026  S20141223_0027
気温は S20141223_0030
捺印所前のかまくら S20141223_0031
山頂広場には可愛い雪だるま S20141223_0036
山頂あたりの霧氷
 S20141223_0037  S20141223_0038
ガンドガコバルートでは伐採作業中
 S20141223_0045  S20141223_0043  S20141223_0050
太尾東尾根ルートの入口に真新しいルート案内板がありました。
 S20141223_0054
足跡(青線が23日の足跡です)&アップダウン
 20141223_konngousan
 20141223
距離は約9.5km 4時間半の山歩きでした。



2014年12月 2日 (火)

二上山 當麻道の駅から 雄岳雌岳麻呂子山へ  2014年11月30日

晩秋の二上山を當麻道の駅から歩いてきました。
昼からは炉端山友会の総会 午前中の軽い山歩き?でした。
出会った紅葉&黄葉です。
 S20141130_0005  S20141130_0006  S20141130_0011

 

S20141130_0013  S20141130_0019  S20141130_0023
ルートは鳶塚から雄岳へ直登 馬の背から雌岳へ 岩屋峠から麻呂子山 当麻寺へ でした。
 S20141130_0014  鳶塚の山名板
 S20141130_0028  雄岳から馬の背への道
 S20141130_0030  馬の背から雄岳を見る
 雌岳山頂からの眺め 奈良盆地側
 S20141130_0033  S20141130_0032
大阪方面
 S20141130_0031  
岩屋峠への下り 葛城山 後ろに金剛山が見える。
 S20141130_0039
原岳からの二上山 
 S20141130_0049
麻呂子山山頂 眺めはありません(-_-;)
 S20141130_0059
下ってきた場所は 奥院の横でした。
 S20141130_0062
当麻寺をちょっとみて
 S20141130_0064
道の駅へ急ぎます。二上山が綺麗に見える場所がありました(^.^)/~~~
 S20141130_0068
道の駅はもうすぐです。
 S20141130_0073
足跡 20141130_nijyousan
    20141130
歩いた距離は約8.1kmでした。
麻呂子山は初めてだったので、これからも半日山歩きに利用したいコースでした。

2014年11月27日 (木)

金剛山 高天から山頂へ    2014年11月24日

ルートは、奈良御所の高天彦神社からマツバカケ尾を湧出岳へ登り、山頂の葛城神社 転法輪寺へ。
下りは、下の周遊道を途中から大阪奈良の県境尾根を登り 大阪府最高点から千早園地
伏見峠手前から石寺 高宮廃寺跡をみて西佐味の集落に下り 葛城古道を高鴨神社 八幡神社 菩提寺を経由して高天彦神社へ戻る。

山頂売店前の紅葉は終わっていますが、各所で紅葉黄葉が盛りでした。
 20141124_0001  高天彦神社参道の紅葉
 20141124_0023  マツバカケ尾での黄葉
 20141124_0069  県境尾根での紅葉
 20141124_0087  千早園地 キャンプ場入口の紅葉
 20141124_0133  高鴨神社の紅葉
足跡です。
 20141124
 20141124kongousan
マツバカケ尾ルート 石寺ルート ともに歩く人は少ないです。
湧出岳山頂の一等三角点 20141124_0047  20141124_0048
山頂の気温は 20141124_0054  でした。
石寺跡 20141124_0099
高宮廃寺跡 20141124_0107  20141124_0106
西佐味へ向かう途中にある道標 左吉野 右高野 道はどこを通っていたのか??
 20141124_0110
西佐味の大弁財天
 20141124_0113
高鴨神社
 20141124_0123  20141124_0124  20141124_0129
         20141124_0134  20141124_0136
八幡神社
 20141124_0141  20141124_0145

参拝し拝殿を見ると狛犬が私を見ているようでした(^_-)-☆
 20141124_0146
歩いた距離は 約15km 7時間24分の山歩き&古道歩きでした。


 

2014年11月23日 (日)

金剛山 太尾東尾根(一部旧道)から山頂へ  2014年11月22日

昼から金剛山へ向かう。水越川駐車場に駐車すると、R会のM田さんにバッタリ(^_-)-☆

R会の小峠谷例会が朝からあり 参加されていたのことです。私は実家での用事があり残念ながら不参加・・・・一度 小峠谷を歩かねば!!

金剛山での紅葉はこんなのでした。
  20141122_0010  20141122_0026  20141122_0028

  

20141122_0032  20141122_0033  20141122_0034

ルートは太尾塞東尾根から太尾塞 六道の辻 大日岳 転法輪寺 国見城址 青崩道でした。
スタートは13時40分ごろ
太尾塞東尾根で 一部 旧道を GPSデータでダブル線は一般道 シングル線が旧道
尾根を直進しています。
  20141122_futoo
こんな道です。踏み跡はうっすらあります。
 20141122_0003  20141122_0004  20141122_0005
合流点はここです。 20141122_0006
太尾塞跡を目指す。急坂です。
   20141122_0012  20141122_0013
太尾塞跡
   20141122_0014  20141122_0015
六道の辻への途中 葛城山が綺麗に見える。
   20141122_0016
六道の辻
   20141122_0019
大日岳を通り転法輪寺本堂へ 山頂の温度計は
   20141122_0024  暖かい(^^♪
国見城址からは大阪の街がうっすらとみえる。
   20141122_0025
山頂をスタートしたのは、15時53分ごろ。
17時になれば日も暮れる。シャッターを押す時間もなく 青崩道を急いで下山する。
山頂から一時間で青崩登山口に到着し、水越川駐車場までの登りを足早に進む。
駐車場に17時8分頃に到着 日も暮れ暗闇が迫ってきた。何とかヘッデンなして無事下山できた。
足跡です。
  20141122_futoo_aoge
  Foro_aoge
秋晴れの青空の下 ちょっと暖かく気持ちいい山歩きでした。

2014年11月14日 (金)

金剛山 松の木尾根&ルート72     2014年11月13日

金剛登山口からタカハタ道の左手の尾根が松の木尾根 以前 よく歩いた記憶があるが・・最近は全く歩いていない。で 数年ぶりに歩くことに(^^♪
タカハタ道の最初の沢を渡って少し行ったところに 左手に尾根への踏み跡がある。
急坂であるが、尾根に上がると歩きよい道 タカハタ道よりもいいかも(^_-)-☆

尾根道の紅葉
 S20141113_0012  S20141113_0015  S20141113_0017
途中からルート72方面の紅葉&黄葉も見える。
 S20141113_0031  S20141113_0035
山頂広場に近づくと 落葉が目立つが紅葉は少し残っている。
 S20141113_0038  S20141113_0039
山頂の気温は S20141113_0041
売店前のカエデは落葉していた。
 S20141113_0043  
山頂広場からみた下山ルートの紅葉

 

S20141113_0046

広場をあとに セトへの道を進み 72番電柱手前からルート72に入る。
綺麗です(^^♪
 S20141113_0049  S20141113_0051  S20141113_0059
 S20141113_0063  S20141113_0068  S20141113_0070
         S20141113_0073  S20141113_0075
ぶなの黄葉も残っていました。
  S20141113_0058_2  
登山道は落葉で埋め尽くされ地面は全く見えず ツルツル滑る(^_-)-☆
足元に気を付けて下るが・・・・すってんころり 見事に滑ってしまいました。
カトラ谷の入口に着くと 工事中でした。
  S20141113_0079
足跡です。
  20141113_matunoki_r72
広葉樹林帯が多くて気持ちいいモミジ狩りの山歩きでした。 

2014年11月 9日 (日)

金剛山 石ブテ尾根を登る    2014年11月8日

昼から金剛山へ向かう。

歩いたルートです。

 20141108_isibute_2 

水越川駐車場に駐車し、13時20分 青崩へ向かう。

 S20141108_0001

トイレの横から 林道に 青崩道を右手にみて直進 砂防ダムが見えてくる。

 S20141108_0002 S20141108_0003 S20141108_0004

林道の横に 砂防ダムの説明板がある。

 S20141108_0005 S20141108_0006

林道の終点をすぎ 石ブテ尾根コースの尾根にとりつく。急坂が続く。

 S20141108_0009 S20141108_0011

紅葉が綺麗だ!

 S20141108_0016

振り向くと木々の間から大和葛城山が見える。

 S20141108_0020

右から登ってくる道に合流 写真は分岐を過ぎたところから撮影 写真では左

 S20141108_0021

色づいてきている尾根道を登る。

 S20141108_0024 S20141108_0025

左手に丸滝コースからの道と合流する。写真は丸滝コース分岐 左が登ってきた道 右手が丸滝コースからの道。

 S20141108_0027

尾根道を進む。

 S20141108_0030 S20141108_0032 S20141108_0033

落葉で埋め尽くされた気持ちのいい尾根道 ちょっと昇り降りがありますが(^_-)-☆

 S20141108_0035 S20141108_0039 S20141108_0041

 S20141108_0044 S20141108_0045 S20141108_0048

振り向くと葛城山がよく見える。

 S20141108_0049

丸滝コース直登ルートの分岐を過ぎ 中尾の背コースの分岐をすぎると六道の辻に着く。

 S20141108_0058 S20141108_0059

大日岳へ 途中の紅葉

 S20141108_0060

大日岳 東の展望 山頂のすすき

 S20141108_0062 S20141108_0061 S20141108_0064

転法輪寺に到着 売店前のカエデは落葉 いちょうの黄葉が綺麗です。

 S20141108_0066 S20141108_0067

国見城址からは大阪の街には雲?がかかって見えず。六甲山の山並みがうっすうらと見える。

 S20141108_0074 S20141108_0071

日没の時間を考えてダイトレを下ることにする。

葛城神社にお参りし 裏参道の葛城山展望か所から一枚。

 S20141108_0078

一の鳥居からダイトレに入る。 

 S20141108_0079

だんだん暗くなってくる。パノラマ台からの眺め。

 S20141108_0081

ヘッデンをつけ 丸太階段を下る。カヤンボから水越峠へ急ぐ。

水越川駐車場に着いた時は真っ暗(^_-)-☆でした。

石ブテ尾根 見晴らしが意外によいコースです。ただ尾根道なので登り降りがたくさん(^_-)-☆まあ、尾根道だから仕方ないかな。

歩いた距離は、11.1km

所用時間は、約4時間10分でした。(スタート 13時20分 ゴール 17時30分)

2014年11月 2日 (日)

金剛山 紅葉を求めて     2014年10月29日

定期検診で年休をとり 昼から金剛山へ向かう。
金剛山を登るきっかけを作った タカハタ道を久しぶりに登り 千早本道を下る。
山頂の売店前のカエデは紅葉真っ盛り!
 S20141029_0058  S20141029_0055  S20141029_0049
ブナも黄葉していました(^^♪
 S20141029_0041  S20141029_0071  S20141029_0074
登山口バス停横の駐車場に駐車。まつまさの突き当りを黒栂谷方向へ進む。
工事中の看板 カトラ谷で工事をしているようだ。
 S20141029_0006  S20141029_0005
タカハタ道へ入ってすぐに キノコを見つける。名前は???
 S20141029_0007
腰折滝をみて 小さな岩場を登り ツツジ尾谷分岐を左手に
 S20141029_0014  S20141029_0015
少し色付いている。
 S20141029_0017
ちょっと危ない岩を通る。
 S20141029_0021  S20141029_0022
水場です。
 S20141029_0027
水場を過ぎると急坂がはじまる。
 S20141029_0029  S20141029_0031  S20141029_0033
松の木 カマ谷ルート分岐に到着 右に進む。
 S20141029_0034  
少し進むと 右手にツツジ尾谷からの登り道に合流 ここからまた登りが始まる。
山頂に近づくとブナが多くなってくる。
 S20141029_0038  S20141029_0039  S20141029_0040
六地蔵が迎えてくれる。山頂広場は目と鼻の先。
 S20141029_0043
国見城址 山頂広場からの眺め 紅葉状態。
 S20141029_0046  S20141029_0045  S20141029_0047
捺印所前のカエデ
 S20141029_0048
売店前のカエデ
 S20141029_0054
気温は S20141029_0060  でした。
山頂をあとに 千早本道を下る。新道の紅葉が綺麗だ。
 S20141029_0066  S20141029_0068  S20141029_0069
足早に丸太階段の千早本道を下る。
足跡
 20141029_takahatamiti
歩いた距離は 約6.2km 所要時間は 約2時間50分でした。
今年の紅葉は、あたり年?かな???

2014年10月20日 (月)

九品寺から葛城山へ       2014年10月19日

ワンデルングガイド 金剛山の発行三十周年を記念して 作者の根来春樹氏を迎え R会の仲間と九品寺から葛城山に登る。
集合場所は 九品寺 私は久しぶりに近鉄御所駅から集合場所へ向かう。
近鉄御所駅は 御所線の終点。 S20141019_0004
バス道を葛城山へ向かって歩く。 S20141019_0006
途中の鴨山口神社による。ちょうど秋のだんじり祭りの準備中。
 S20141019_0008  S20141019_0009  S20141019_0010
山麓線沿いのコンビニで昼食を購入。山手に進み 葛城の道を進む。
金剛山が見える。
 S20141019_0014  S20141019_0015
東側には音羽三山 S20141019_0017
葛城の道 道標   S20141019_0020  S20141019_0105
番水の時計が見える 九品寺は目の前
    S20141019_0021  S20141019_0022
九品寺は桜が紅葉 コスモスが咲き誇っている。
 S20141019_0024  S20141019_0025
いつの間にか 立派な道標が出来ていた。
 S20141019_0026
九品寺です
 S20141019_0028  S20141019_0027  S20141019_0029
九時すぎ 参加者が集合し 朝礼 根来氏からの話も少々
ルートは 北山道を登り葛城山を目指す。駒形大重神社の前を通る。
 S20141019_0030  S20141019_0031
登山口手前の給水タンク 綺麗になっていた。
 S20141019_0032
北山道登山口の標識
 S20141019_0033  S20141019_0034
道は荒れている 追分で一休み 
 S20141019_0080  S20141019_0035
植林の中を進む
 S20141019_0036
途中から広葉樹林帯に入る。紅葉も始まっている。
 S20141019_0037  S20141019_0038
 S20141019_0039  S20141019_0040  S20141019_0041
登って行くと パラグライダーの滑空場所がある。見晴らしもいい(^^♪バリゴヤの頭も見える。
 S20141019_0042   S20141019_0045
奈良盆地へ滑空するパラグライダーも
 S20141019_0047
山頂手前 桜の紅葉&ススキ 金剛山が見える。
 S20141019_0049  S20141019_0051
秋の花も リンドウ カワラナデシコ ツリガネニンジン
 S20141019_0057  S20141019_0060  S20141019_0058
葛城山山頂の三角点 二等三角点 篠峰山です。
 S20141019_0063
山頂からの眺めです
 奈良盆地 大和三山  S20141019_0073
 大峰弥山八経ヶ岳  S20141019_0072
 金剛山       S20141019_0071
 高見山から台高 うっすらと S20141019_0070
 大阪から生駒山脈 うっすらと S20141019_0066
 パノラマ写真です(^_-)-☆
  S20141dscn2076
  S20141dscn2077
昼食後 登ってきた道を追分までもどり 長尾道で九品寺に向かう。
 S20141019_0083  S20141019_0085  S20141019_0086
鉄板の橋を渡ると道標がある。
 S20141019_0087  S20141019_0089
九品寺の裏門から 千体石仏へ
 S20141019_0093  S20141019_0095  S20141019_0096
 S20141019_0100  S20141019_0101  S20141019_0102
無事 下山し 本日の解散式
私は、でっち羊羹を買いに 葛城の道を近鉄御所駅に向かう。
六地蔵  S20141019_0106
街角の石仏 昔は各戸に祀られていたとか・・・・
 S20141019_0108  S20141019_0109
        S20141019_0110  S20141019_0111

振り返ると 太陽は葛城山に沈んでいた。
   S20141019_0112
足跡です
   20141019_2
   20161019
歩行距離 約16.2km でした。

より以前の記事一覧