2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 金剛山 坊領道&水分道 | トップページ | 大和葛城山 ツツジ満開      2014年5月18日 »

2014年5月13日 (火)

大峰 弥山&八経ヶ岳へ    2014年5月11日

二年ぶりに大峰 弥山、八経ヶ岳に登ってきました。
お天気は良く 眺望は。。。春霞?で少し(^_-)-☆でした。
八経ヶ岳山頂からの眺め。
南側 明星ヶ岳、七面山、仏生嶽、釈迦ヶ岳が目の前に
     S20140511_0075
北側 弥山 弥山小屋もちょっと見えます。後ろに山上ヶ岳、大普賢岳、行者還岳が見えます
     S20140511_0081     
西側 うっすらと金剛山・葛城山が見えます。手前が頂仙岳ですか?
     S20140511_0069  
東側 大台ヶ原方面 かすんでいます。
     S20140511_0064
山頂の三角点 コンクリートで補強されていました。
     S20140511dscn1180
歩いたルートです。
    20140511
スタート地点は弥山小屋へのモノレール小屋があるところです。

モノレールに沿って尾根を登ります。急な登りが続きます。

    S20140511_0014

山桜 残っています。

    S20140511_0006

鉄山を右手に だんだん高度がます。崩壊場所の最上部に着く。

    S20140511_0024   S20140511_0022

まだまだ登りが続く。休む場がない(^_-)-☆残雪が・・・・北斜面に。

    S20140511_0028

行者還岳が見える。

    S20140511_0031

登り続く・・・・・・膝が(^_-)-☆ 

    S20140511_0033

行者還岳から大普賢岳・山上ヶ岳 そして稲村ヶ岳 大日山が見えてくる。絶景です(^^♪

    S20140511_0050  S20140511_0051

やっと弥山小屋が目の前に 登り初めて3時間強・・・ほっとする。

    S20140511_0053

弥山小屋横のベンチで早めの昼食 ひといきつく(^.^)/~~~

    S20140511_0054   S20140511_0092

昼食後 弥山神社にお参り。

    S20140511_0058

八経ヶ岳をめざす。オオヤマレンゲまだまだ・・・・ 登山道には残雪あり。

    S20140511_0059  S20140511_0063

八経ヶ岳からは360度の眺め。釈迦ヶ岳山頂にお釈迦様が。。。。望遠で少し見える。

    A511_0084   S20140511_0084

名残尽きない山頂をあとに帰途につく。まずは。弥山戻り、トンネル西口への登山道を進む。

目前に大日山、稲村ヶ岳、山上ヶ岳、行者還岳が姿をあらわす。

  S20140511_0094  S20140511_0095  S20140511_0096

バイケイソウの緑 あざやか 新緑も

     S20140511_0097  S20140511_0098

聖宝の宿に到着

     S20140511_0099

弁天の森を目指す。振り返ると弥山 八経ヶ岳が見える。

     S20140511_0104

気持ちのいい奥駆道です。

     S20140511_0106_2

弁天の森に到着 ここから登山道を離れ タチクラ尾を降りる。

     S20140511_0107

途中 シャクナゲの群生で道を失い・・・2回 ルートミス(^_-)-☆シャクナゲは。。。少し咲いていました。

   S20140511_0108  S20140511_0114  S20140511_0127

途中で西口の駐車場の下の方が見える。

     S20140511_0118

見晴らしのきく場所で 行者還岳が目の前にあらわれる。

     S20140511_0124

緑が綺麗だ!!!

     S20140511_0128

急坂を転げ落ちるように下り、防護壁を降り、R309に到着。降りた防護壁です。

    S20140511_0130

スタート地点 モノレール小屋を目指す。登った尾根がよく見える。

  S20140511_0131  S20140511_0132  S20140511_0134

無事 スタート地点に到着。

      S20140511_0135

歩いた距離 約12.3km 所要時間 約8時間20分でした。

登りは約3.3kmで標高差 約950mでした。

ふくらはぎ、大腿筋はパンパン(-_-;) なかなか大変なバリエーションコースでした(^_-)-☆

       

« 金剛山 坊領道&水分道 | トップページ | 大和葛城山 ツツジ満開      2014年5月18日 »

大峰山脈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大峰 弥山&八経ヶ岳へ    2014年5月11日:

« 金剛山 坊領道&水分道 | トップページ | 大和葛城山 ツツジ満開      2014年5月18日 »