2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

金剛山系 2013

2013年12月29日 (日)

雪の金剛山へ 高天から   2013年12月29日

高天彦神社から金剛山往復 

行きは、郵便道→ヒロセ道→マツバカケ尾道→湧出岳→山頂 帰りは、郵便道でした。

高天彦神社  S20131229_0001

駐車場からの眺め 雪景色です。

 S20131229_0004  S20131229_0003  S20131229_0008

無人販売所も新設されています。

  S20131229_0007

郵便道を進みます。以前の郵便道は秋の台風で崩れ通行止です。

突き当りを右へ 表示が設置されています。

  S20131229_0010

進み 振り向くと眺望が開けます。

  S20131229_0014

イノシシ除けの柵を開けて入り、い-2へ 分岐を左へ進む。

  S20131229_0017  S20131229_0018

ヒロセ道からマツバカケ尾道を進む 雪です。

  S20131229_0021  S20131229_0022  S20131229_0023

  S20131229_0026  S20131229_0028  S20131229_0029

            S20131229_0030  S20131229_0031

湧出岳分岐から踏み跡のない道を進む。

  S20131229_0035  S20131229_0037  S20131229_0039

千早園地からの湧出岳への道に合流 勘だけで歩いたので(^^♪

  S20131229_0040

三角点へ向かう。

  S20131229_0041  S20131229_0043

経塚  S20131229_0046

三角点は雪の下  S20131229_0048

山頂へ向かいます。丁石も雪に埋もれています。

  S20131229_0050  S20131229_0051  S20131229_0053

葛城神社にお参り。  S20131229_0057

転法輪寺へ向かう。  S20131229_0060

転法輪寺も雪の中

   S20131229_0062  S20131229_0063

気温は  S20131229_0064 でした。寒~~~~~~~

かまくら  S20131229_0066 です。

山頂広場には雪だるま

      S20131229_0067

山頂をあとに 帰路は時間がないので郵便道を進むことにする。

転法輪寺から裏道を進む。

  S20131229_0078  S20131229_0079  S20131229_0081

大和葛城山が雪を湛えた木々の間から姿を現す。

            S20131229_0082

小鳥の餌場  S20131229_0086

一の鳥居からダイトレを進み、郵便道分岐へ。通行止の表示があるが、大丈夫です。

         S20131229_0087

雪道の郵便道 歩きやすいです(^^♪ 途中に崩落個所があります。

  S20131229_0095  S20131229_0098  S20131229_0102

ここからは白雲岳がよく見えました。

         S20131229_0096

登りはアイゼン着けなくても大丈夫でしたが、下りは途中から着装 滑って骨折したら大変ですからね。

雪の金剛山 約5時間半の山歩きでした。

2013年12月23日 (月)

二上山 散策       2013年12月23日

二上山の歩いていない道を散策してきました。

ルート:二上山駅~上の池登山口~雄岳尾根~雄岳~ふるさと公園への道~途中から鳶塚道(鳶塚横道)

~ふるさと公園~二上神社~雄岳への登山道~分岐~丁石道~上の池~二上山駅

所要時間:延べ4時間40分(二上山駅~雄岳 1時間40分)

 雄岳尾根の道

  S20131223_0012  S20131223_0014  S20131223_0015

途中からの眺め     S20131223_0013  S20131223_0021

葛城山方面        S20131223_0025  S20131223_0029

ふるさと公園への道からの眺め

  S20131223_0030  S20131223_0040  S20131223_0041

  S20131223_0050 ふるさと公園 噴水

  S20131223_0053 二上神社

  S20131223_0055  S20131223_0056 丁石がありました。

  分岐 S20131223dscn8883 S20131223dscn8884

丁石道に向かいます。途中からの眺め  S20131223_0059

四丁石   S20131223dscn8894_2

三丁石   S20131223_0064

二丁石   S20131223_0069

大地に根を大きくはった木  S20131223_0072

上の池からの眺め       S20131223_0074

なかなか楽しい道でした。

まだまだ歩いていない道があるので楽しみにしています。

2013年12月21日 (土)

金剛山 ちはやあかさか道の駅から   2013年12月21日

金剛山にも寒波で霧氷が発生しています。寒い寒いですね。

  S20131221_0032  S20131221_0034_3

炉端山友会の町石復旧作業に参加、コースは、道の駅からあ水分道を 作業を山頂を目指す。

9時に道の駅ちはやあかさかを小雨降る中を出発。水分道を目的地に向かう。

すいせんの丘では、早くも水仙が咲き始めている。

      S20131221_0002

広域農道を渡ったところに町石が立っている。

      S20131221_0003_3

季節はずれの桜が・・・・S20131221_0004

進んで行くと 水分の地名の発祥 みずわけがある。

     S20131221_0006

見晴らしが開け、大阪湾をはさんで神戸の街が光ったいる。

     S20131221_0008

水分道を進んで行くと、目的地に。倒れている町石を復旧。

   S20131221_0010   S20131221_0012 

根入れが深いので当分の間 大丈夫でしょう。

メンバーと別れ山頂を目指す。雪がだんだん増えてくる。

   S20131221_0013

泣石谷分岐   S20131221dscn8732

雪道です。

  S20131221_0014  S20131221_0016

足跡は・・・鳥の足跡のみ

      S20131221_0019

屏風坂を登らずに谷道を・・・と 進むが崩れている。

      S20131221dscn8737

戻って屏風坂を登る。足跡はなし・・・・記憶をたどって進む。

  S20131221_0020  S20131221_0021_2

霧氷が目の前に

      S20131221dscn8741

青崩道との分岐点に到着  S20131221dscn8744

十八町石            S20131221_0027

セトに到着           S20131221_0028

山頂は目と鼻の先 と 言っても40分ほどかかるのですが(^_-)-☆

霧氷がよく成長しています ヨ S20131221_0033

山頂までの雪景色

  S20131221_0035  S20131221_0036

山頂に到着 雪に包まれいます。かまくらも大きくなって(^^♪います。

     S20131221_0038   S20131221_0040

     S20131221_0041

気温は  S20131221_0043 でした。

下りは千早本道を 登山口に

五合目のウルトラマン&バルタン星人 寒そう~~~~~

      S20131221_0050

ベンチは雪だるまが占領中(^_-)-☆

      S20131221_0051

二合目まで降りると残雪はほとんど無くなっていました。

無事 登山口に到着 約12㎞の山歩きでした。

2013年12月16日 (月)

二上山 ふるさと公園から    2013年12月15日

昼から二上山へ 車は道の駅に置きスタートする。

ルートは、ふるさと公園から雄岳へ直登 二上山駅のからのルートを降り 途中から旧道を歩くのが目的。この旧道 歩いたことがあるような無いような・・・・

公園の紅葉  S20131215_0002

雄岳への直登ルート 正面に雄岳がみえます。

         S20131215_0003

展望の利くところからの眺め

         S20131215_0004

進むにつれて雄岳が大きくなっていきます。

      S20131215_0005  S20131215_0006

当麻寺の双塔が木々の間から見えます。落葉の季節だけの眺めです。

         S20131215_0011

三角点到着

     S20131215dscn8621   S20131215_0012

途中の石の上に小さな可愛い仏像 誰が置いた行かれたのか??

         S20131215_0014

見晴らしのいい場所で 雲がなければ大峰も見えるのですが・・・・

   S20131215_0019 S20131215_0018 S20131215_0020

秋の実りならぬ冬の実り?なにの実なのでしょうか??

        S20131215_0021

葛城山方面もよく見えます。

        S20131215_0022

途中から急坂を登り、二上神社口駅、二上山駅からのハイキングコースに出る。

        S20131215_0026

この道を下る。少し行くと 十三丁石が左手に立っている。

        S20131215_0028

下って行くと 分岐点に出る。

       S20131215_0037  S20131215_0038

二上山駅方面に進む。左に下りる本ルートから外れ直進すると藪の中に三角点がある。三角点名は滝坪です。

       S20131215_0041  S20131215_0042

歩いてきた道を数十メートル戻り 左手の落葉に隠れているが旧道の入口らしき箇所があり、進んで行く。なんとJJさんとバッタリ(^_-)-☆

道はついているようだが・・・・・

途中で四丁石が右手に現れる。昔の道だ。

         S20131215_0043

降りて行くと分岐がある。ここは左手に進む。二丁石が左手上方にある。

         S20131215_0045

あれ??三丁石は???? 見落としてしまった(-_-;)

次回の楽しみにしよう~~~~~

下って行くと香芝市の給水タンク南の池の端にでる。過去に歩いた記憶?あるようなないような です。

ここからJJさんに道の駅まで送ってもらう。どうもありがとうございました。

約3時間の山歩きでした。次回は、三丁石を是非見に行かねば!!

2013年12月14日 (土)

金剛山 T谷M尾根      2013年12月14日

昼から金剛山に行ってきました。

登りはT谷 途中から残雪があり 階段の表面は凍っています。

  S20131214_0002  S20131214_0006_2  S20131214_0008

          S20131214_0009   S20131214_0010

          S20131214_0012   S20131214_0016

岩屋文殊に到着  S20131214_0017

山頂に向かいます。  S20131214_0018  

途中で、吉野川(紀ノ川)が陽を浴びて輝いています。

              S20131214_0019

山頂の気温       S20131214_0021 でした(^.^)/~~~

山頂からの眺めは・・・・・   S20131214_0024 

雪だるまが作られています  S20131214_0025

かまくら 作成中です     S20131214_0029

転法輪寺の雪景色

      S20131214_0026  S20131214_0031

下りはM尾根 S20131214_0033  S20131214_0037

雪が降ってきました     S20131214_0044

駐車場に到着 便所の屋根から雪が滑り 氷になっていました。

                 S20131214_0046

残雪が凍っていますので、危ない状態になっています。

T谷の第一休憩場からは、アイゼンを着けて歩きました。滑ってけがをすると大変ですからね(^_-)-☆
休憩も入れて 3時間弱の山歩き でした。
 

2013年12月 2日 (月)

大和葛城山の晩秋    2013年12月1日

大和葛城山へ九品寺からの道を登り降り。

登りは北山道 九品寺から北に少し進み 給水タンク?横から山に入る。

豪雨の影響で道は所々荒れているが。。。。前日に登ったJJさんらが草刈 倒木の処分 道標を設置してくださったので、助かった(^^♪

それでも、蜘蛛の巣が 顔にあたる(^_-)-☆

  S20131201_0002   S20131201_0004

黄葉&紅葉が綺麗だ。山頂手前には雪も残っていた。

約2時間半でツツジ園に到着 ロッジ前からの金剛山

       S20131201_0016

昼食はロッジのかも丼 美味しかったです。

山の会の総会も終わり 2時半前に帰路に 金剛山が綺麗だ!!!

       S20131201_0019

ダイトレから登ってきた道に入る。パラグライダー滑空場からの眺め 箱庭のようだ。

      S20131201_0028_2    S20131201_0023

追分まで戻り 尾根道(長尾道)を九品寺へ向かう。所々 倒木が行く手を阻む。

山頂から約1時間半で九品寺裏口へ

九品寺の紅葉も綺麗だ。

 S20131201_0045  S20131201_0046  S20131201_0048

今年の紅葉も終わりに近づいている。そろそろ雪のシーズン 冬山が楽しみだ な。
 

2013年11月30日 (土)

金剛山 久しぶりの千早本道     2013年11月30日

昨日早朝より金剛山は雪 雪と黄葉を期待して久しぶりに千早本道をピストンする。

まずは、黄葉&紅葉です。

  S20131130_0070  S20131130_0073  S20131130_0080

  S20131130_0075  S20131130_0076  S20131130_0081

  S20131130_0065  S20131130_0056  S20131130_0046

四合目あたりの残雪  S20131130_0012_2

登るにつれ残雪は増加 アイゼンまではいらないが気を付けて歩かないとすべる。

  S20131130_0023  S20131130_0024  S20131130_0052

山頂には小さな雪だるま S20131130_0027

転法輪寺も雪景色     S20131130_0029

姫リンゴにも雪が     S20131130_0033

気温は-0度でした    S20131130_0035

帰り山の豆腐を買って帰り 実家にお土産 我が家は湯豆腐で美味しくいいただきました。

登り 1時間20分ほど 降り 1時間10分ほど 山頂での時間も合わせて3時間弱の山歩きでした。

これからは雪の日も多くなるだろう(^^♪ 霧氷が楽しみデス(^◇^)

2013年11月29日 (金)

晩秋の金剛山  太尾東尾根から青崩道  2013年11月27日

午前中は定期検診 昼から金剛山へ向かう。

水越川駐車場を13時40分に出発 太尾東尾根コースを山頂目指して進む。

秋の景色です。

  S20131127_0001  S20131127_0002  S20131127_0005

  S20131127_0008  S20131127_0011  S20131127_0017

山頂 転法輪寺に15時19分 到着 登り1時間39分でした。

山頂の気温は  S20131127_0023 でした。

錬成会のスタンプ 司講のスタンプを押してもらって、下山。

コースは、青崩道を降りることに。

下りの紅葉&黄葉です。

      S20131127_0033   S20131127_0037

      S20131127_0042   S20131127_0048

水越川駐車場に17時前に到着 約3時間20分の晩秋の山歩きでした(^^♪

2013年11月26日 (火)

金剛山(奥赤阪山) 下垰谷泣石谷道     2013年11月24日

炉端山友会のメンバーと私にとっては未踏の下垰谷&泣石谷道を歩いてきました。

根来春樹氏のワンデルングガイドに掲載されているのですが。。。なかなか歩くことができず(^_-)-☆

9時に東水分のメモリアルパーク前に集合 R309を青崩の下垰谷入口へ向かう。

  S20131124dscn8310 S20131124dscn8312 秋色がいっぱい 車に気を付けて。

民家の横の道を下り 下垰谷へ

  S20131124dscn8315 

谷は豪雨の影響で倒木が多い

  S20131124dscn8318 乗り越えて進んで行きます。

  S20131124_0002  S20131124_0003

鉄砲滝は・・・・滝を見ずに手前を登る。 

  S20131124_0004 鉄砲滝を上から見る。次回は正面から見に行かねば!!

  小さな滝が次々に見えます。

  S20131124_0007  S20131124_0009

道は所々崩れています。ロープを張って安全確保。

  S20131124_0011

また、小滝が  S20131124_0016

途中から泣石谷道の尾根をめざし急坂を登る。

    S20131124_0017

尾根道の黄葉紅葉  S20131124_0018

水分道 泣石谷分岐  S20131124dscn8335

水分道を金剛山方面 奥赤阪山を目指す。

12時40分ごろ 山頂に到着 三等三角点があります。

  S20131124_0019 S20131124dscn8338

山頂は植林に囲まれ、眺望はありません。

       S20131124_0020

昼食後 登ってきた道を戻り、泣石谷道を下る。

途中の関電鉄塔からは、大阪方面が見える。

       S20131124_0021

尾根道から谷に入る。谷には倒木が行く手を阻む。

       S20131124dscn8356

紅葉もありましたヨ    S20131124_0028

谷をほとんど降りたところで季節はずれのツツジが・・・咲いていました(^_-)-☆

       S20131124_0031 異常気象でしょうか???

R309にやっと出ました。泣石谷の入口です。

       S20131124dscn8360

あとは国道をメモリアルパークへ 約6時間半の山歩きでした。

踏跡はうっすら状態です。蜘蛛の巣、倒木、道の崩壊となかなか大変なコースです。

初めて行かれる方は、このコースの経験者と一緒行ってください。

道に迷う可能性が非常に高いコースです。遭難する恐れも・・・・・・

奈良のJJさんが前日にコース案内の目印をつけていただいたので、迷わずに歩けました。

どうもありがとうございました。

ショウタンさんのHPから頂いたGPSです。

    13112401

鉄砲滝の写真を撮りにまた行かねば!!

2013年11月 4日 (月)

金剛山の紅葉      2013年11月4日

金剛山 登山口からマス釣り場 ロープウェイ前までの紅葉です。

  S20131104_0029  S20131104_0028  S20131104_0025

  S20131104_0024  S20131104_0022  S20131104_0017

  S20131104_0016  S20131104_0014  S20131104_0013

  S20131104_0008  S20131104_0002  S20131104_0001

色付いています。今週末ぐらいが一番いいのか???

カトラ谷通行止の表示がありました。

  S20131104_0033  S20131104_0032

現場は奥です。

  S20131104_0039  S20131104_0040

ワサビ谷(ルート72)を登ります。途中から自然の森 紅葉が始まっています。

  S20131104_0044  S20131104_0063  S20131104_0064

  S20131104_0069  S20131104_0074  S20131104_0075

  S20131104_0076  S20131104_0077  S20131104_0078

  S20131104_0082  S20131104_0090  S20131104_0091

山頂のもみじ

  S20131104_0098  S20131104_0099  S20131104_0103

下りは雨の文殊尾根を降りる。ブナも黄葉しているのですが・・・ガスで(-_-;)

  S20131104_0112  S20131104_0115  S20131104_0117

  S20131104_0120  S20131104_0124  S20131104_0128

           S20131104_0130  S20131104_0132

ルート

府営駐車場→バス道を歩いて マス釣り場前、登山口→黒栂谷→ワサビ谷(ルート72)

→山頂→文殊尾根→府営駐車場

所要時間  4時間45分(含む 山頂で40分ほど雨の様子見)

ワサビ谷カタクリの群生地までは、雨も降らず。。。青崩道合流手前から雨が本降り(-_-;)

山頂売店で遅い昼食&雨が上がるのを待つ。

青空がほとんどなく残念でした。

より以前の記事一覧